ANA国内線人気路線第1「東京⇔札幌」

ANA国内線人気路線第1「東京⇔札幌」

秋は国内旅行が特に盛り上がるシーズンです。気候的にも旅行がしやすいシーズンであり、この秋はどこかへ出かける計画を立てている人もいるかと思います。
北海道や沖縄、東京、大阪など旅行先として人気の高い都市がいくつかありますが、どこの都市に行くか検討中の人はランキングを参考にされるといった手もあります。ANAが2014年に実施した国内の人気路線で1番人気の高い場所は「札幌」でした。

1番人気の札幌

札幌は千歳空港があり、北海道の窓口となっています。北海道は1年を通して人気の高い観光都市です。最近は気候の変化もあり、北海道でも梅雨が見られるようになりました。いずれ日本は亜熱帯化するだろうと言われており、夏は特に気温が高くなっています。

少しでも涼しい地を求めて北海道はさらに注目されることでしょう。
夏は北海道、冬は沖縄移住といったことも夢ではありません。仕事の関係で融通がきくなら、1ヶ月などある程度のスパーンで滞在してみるのも良いかもしれません。

遥かに安くなった格安航空券

飛行機の予約ですが、旅行代理店で行うことが可能です。以前はホテルや飛行機、電車などの予約は旅行代理店へ行くのが普通でした。最近はインターネットを活用して個人で予約する人も増えており、個人旅行も気軽になりました。

これだと旅行代理店へわざわざ行く必要もないですし、思いつきですぐに予約することも可能です。
また料金や旅のプランについても自宅でゆっくり考えることができます。時間がない人は通勤電車で確認することもできるわけです。

東京と北海道の路線はフライト数も多くLCCについても就航しています。時間があえばLCCの利用も検討されてはどうでしょうか。さらに安い価格で旅行できるかもしれません。どのくらい安いかというと片道1万円を切ることも少なくないのだとか。これだと電車代よりもはるかに安く済みます。

ANA飛行機の予約も会社によって値段がまちまちです。
インターネット検索の場合、LCCも含めて最安値で探すことが可能です。

旅行に行く時間帯によって料金が変わる

時簡帯についても大事なポイントかと思います。現地での時間を有効にするために、なるべく長く滞在できるフライトを選びたいところです。
幸い北海道と東京については多数のフライトがあり、利便性も高いです。まだ行ったことがない人はこの機会に北海道旅行を計画されてはどうでしょうか。

冬の北海道は雪見温泉ができます。温泉についても満喫したいところです。また雪祭りもおすすめです。子供たちは特に喜ぶスポットです。

Read Article →
ANA国内線人気路線第2「東京⇔福岡」

ANA国内線人気路線第2「東京⇔福岡」

国内旅行で欠かせない交通網の1つに飛行機があります。国内のあらゆる空港を結ぶ路線として旅行、そして生活の場としても必須です。出張で利用する人もいれば、旅行で利用する人もいることでしょう。最近では訪日外国人の利用も増えています。日本でも主要都市ではなく、地方へ行く旅が流行っているためです。訪日外国人の中には日本リピーターも多く、日本各地をめぐっている人もいます。また日本のお祭りに魅了されてお祭りめぐりをしているといった人も見られます。

福岡も人気の場所です。まだ行ったことがない人は行ってみるのも良いでしょう。福岡も人気が高い路線です。2014年のANAで実施された調査で国内線第2位となっています。最近ではLCCの就航も増えているので、安い価格で福岡まで移動できます。

福岡へ行くなら福岡市にある「住吉神社」もおすすめです。ここは全国にある住吉神社の資源となっています。福岡市の博多区にある神社です。この建物は国の重要文化財にも指定されています。本殿は特に建築様式が古代のものとなっています。また住居様式は大和大王のものといった説もあるのだとか。建物を見ているだけでも歴史を感じることができる建物です。この地で思いをはせてみるのも良いでしょう。

「はかた伝統工芸館」は博多の伝統工芸品を展示しているスポットです。ここでは博多織をはじめ、博多人形などが展示されています。福岡の伝統を感じることができるスポットです。福岡入りの際はぜひ立ち寄ってみるといいでしょう。

旅には温泉も欠かせません。温泉で疲れを癒したいなら「二日市温泉」がおすすめです。ここは日帰りも可能なので、時間に余裕がない人もおすすめのスポットとなっています。温泉はパノラマ温泉をはじめ個性豊かな温泉が盛りだくさんです。バリリゾート風の温泉もあります。ちょっと変わった気分で楽しめることでしょう。
「響灘ビオトープ」についてもおすすめのスポットとなっています。ここはなんと41ヘクタールとも言われる広いビオトープなのです。
こんな広さがあるのは日本でも最大級となっています。

ここは自然も豊かです。環境は再現したものとなっています。観光の際に、ちょっと癒されたい気分になったらここを訪れるのも良いでしょう。緑を見ると気持ちもほっとします。水鳥や水生昆虫、シギやオシドリなどもいます。
福岡はその他多数訪れたいスポットがあるかと思います。リピーターの人も楽しめる街です。冬も温暖な気候で観光が可能なので、ぜひ行ってみてくださいね。

Read Article →
ANA国内線人気路線第3「東京⇔伊丹」

ANA国内線人気路線第3「東京⇔伊丹」

大阪は修学旅行としても定番のスポットです。秋は特に観光シーズンで多くの観光客が訪れます。大阪への移動は新幹線や飛行機など色々ありますが国内からの移動の場合、伊丹空港から大阪入りする人もいることでしょう。大阪へは関西国際空港か伊丹空港となります。アクセスも便利なので飛行機利用はおすすめです。大阪と言えば食べ物目当てで訪れる人も多いくらい、グルメにとっても欠かせない街です。

大阪の水族館と言えば「海遊館」です。海遊館は大阪市の港区天保という地区にあります。大規模なことで知られている水族館で年間来場者数や屋内水槽、延床面積など日本で3本指に入ります。修学旅行でもおなじみのスポットです。
休日や連日は特に人が多いことから、可能であれば平日に訪れることをおすすめします。水族館は海底へどんどん進んでいくスタイルとなっています。最初のスタートはトンネル型の水槽からとなります。

ここではジンベイザメが人気です。世界でも5本指に入る大きな水族館でもあり、水槽は環太平洋をイメージして作られたものです。水族館のイメージをがらりと変えたとまでいわれています。「あべのハルカス」もおすすめのスポットです。ここは近畿日本鉄道が開発を手がけた場所でもあります。大阪市の阿倍野区という地区に建設されたもので、超高層複合ビルとなっています。立地がとても良いことでも評判であり、駅でいうと最寄駅は阿倍野橋駅です。ここの丁度上に建設されています。

高さはどのくらいあるのか?というと300mほどとなっています。地上60階で地下は5階です。2015年の段階では日本で1番高いビルになっています。
また最上階は58~60階です。ここに来たら展望台に行ってみましょう!展望台はガラス張りとなっており、空中で360度の景色を見ることができます。大阪一望が可能なスポットでもあります。展望台の名前は「ハルカス300」です。

59階にはハルカス300のグッズも販売されています。ここには美術館や近鉄百貨店なども入っています。景色をみたい人にもおすすめですが、ビルの中も観光気分で楽しむことができます。「四天王寺」についても行ってみるといいでしょう。ここは聖徳太子が四天王を安置するために建設された場所です。日本の仏教寺院の中でも本格的な四天王寺が建設された場所でもあります。時代は1400年代にさかのぼります。物部守屋と蘇我馬子の合戦に勝利を治めたことがきっかけで建設されたそうです。

四天王寺はなんと言っても広さも特徴です。甲子園球場の3倍ともいわれる広さを誇っています。
飛行機の予約は早めだと安いチケットも出やすいです。まずは予約しましょう。予約をしておくと安心です。

Read Article →
ANA国内線人気路線第4「東京⇔那覇」

ANA国内線人気路線第4「東京⇔那覇」

沖縄旅行は修学旅行地としても人気となっています。沖縄は南国気分を味わえるエリアであり、ぜひ行ってみたい場所でもあります。ANAが2014年に実施した国内線人気路線の調査では第4位に選ばれています。沖縄はフライト数も多く、LCCの参入も増えつつあります。

沖縄人気は国内だけにとどまらず、海外でも人気です。ピーク時は特に予約が殺到するので飛行機についても早めに予約しておくといいでしょう。LCCであれば早めの予約でさらに安いチケットがあるかもしれません。
沖縄は数多くの観光スポットがあります。

その中の1つが「首里城」です。首里城は首里公園の中にあります。最近は若い女性の姿も増えています。その理由はここがパワースポットになっており、運気をあげることでも有名だからです。最近あまりついていないといった人はここを訪れてみるのも良いでしょう。

那覇市にあるので場所的にも行きやすいスポットかと思います。首里城は琉球王国時代の建物です。琉球王国時代国王が居住する王宮でした。現在の建物は復元されたものです。1980年代、琉球大学の移転で復元が行われました。また2000年に世界遺産登録もされました。連日多くの観光客でにぎわっています。
「守礼門」についても訪れてみたいスポットの1つです。ここは2000円札でもおなじみの門です。2000円札で採用された守礼門がこことなります。その他札幌にある時計台と高知にあるはりまや橋も有名です。

ここがいつ建設されたのか?というと尚清王の時代となっています。西暦で言うと1527年から1555年にあたります。門には「守礼之邦」の額があります。どういった意味か?というと簡単にいうと沖縄は礼儀を大事にする国という意味があります。また1972年には国の重要文化財に指定されています。昼の眺めも良いですが、夜間もライトアップがされおり、とても綺麗です。昼とはぜんぜん違う雰囲気を味わうことができるので、夜も時間があれば訪れてみるといいでしょう。

「園比屋武御嶽石門」についても行ってみたいスポットの1つです。ここは首里城歓会門隣、守礼門隣(つまり間)に位置しています。1519年に尚真によって建設されました。この当時は琉球王国の時代であり、当時の国のTOPの王がしゅりじょうを出て各ばしょをまわるのに安全祈願した場所だと言われています。
さあ早速沖縄行きの飛行機を予約しましょう!

Read Article →
ANA国内線人気路線第5「東京⇔広島」

ANA国内線人気路線第5「東京⇔広島」

国内旅行と言えば東京や北海道、大阪など規模の大きい都市の存在が目立ちますが、最近は地方旅行も人気となっています。その地方にしかないスポットはぜひ行ってみたいところです。地方にもいくつか都市がありますが実際、どこが人気なのか、そちらについても気になるところです。

ANAが2014年に実施した国内線を対象にした人気路線では第5位が「広島」という結果となっています。広島は女性陣から絶大な人気となっています。その理由はもうみなさんおわかりですね。「厳島神社」です。

すでに行ったことがあるといった方も多いことでしょう。ここは12世紀に建造された建物です。
歴史がさかのぼること12世紀、この頃に平清盛によって現在私たちが目にする姿に建造されたといいます。ここのお寺は世界的にも珍しいお寺で、海岸沿いにあるお寺です。景色もまた絶景です。お寺はフェリーからも見ることが可能となっています。
また1996年には世界遺産登録もなされています。海側から見える赤い鳥居、そして山並みはすばらしい景色です。日本のみならず、海外からも多くのゲストが訪れる地となっています。

厳島神社は海に大鳥居がある形となっています。国の重要文化財にも指定されています。日本三大鳥居の1つであり、干潮時はふもとまで歩くこともできます。時間が許すのであれば干潮を狙って訪れてみるといいでしょう。
「原爆ドーム」にも足を運んでみましょう。長崎のイメージが強い原爆ドームですが、広島のものはチェコ出身のひとが建設した建物となっています。以前の日本はほとんどが木造建築だったのに対し、この建物は一部鉄骨レンガ造りだったので、貴重な建物としても知られていました。

原爆が投下された際、ここの建物にいた人は全員即死と悲惨な歴史もあります。現在は原爆ドームとなっており、世界遺産にも登録されています。
修学旅行でも定番のスポットです。広島入りしたらここは行っておきたいスポットの1つです。世界遺産は数多くありますが、ここは「負の遺産」でもあります。戦争では多くの人が悲惨な経験をしています。2度と同じようなことがあってはいけないと、建物が保存されているのです。ぼろぼろの状態の建物を見ているだけで、当時の様子が伝わってきます。

広島行きの飛行機は人気が高いので早めに予約するといいでしょう。予約しておけば日程も確実です。特に繁忙期は混雑するので、予約は必須です。広島はまた思いで深い旅になるかと思います。では良い旅を。

Read Article →
航空券の値段を検索するには

航空券の値段を検索するには

航空券の値段は毎日変動しています。安く利用するには発売直後にインターネットで購入すれば良いのですが、それが出来る方は限られています。
もっとも安く方法は飛行機を安く利用とか安さを関連付けて検索すると、安いチケットを販売しているサイトが何件か出てきます。

基本的に繁忙期を除き、飛行機のチケットは2ヶ月と1日から購入が出来ます。

もう搭乗日が決まっているのなら、発売日に購入して大丈夫です。
特割と付くものなら普通運賃の半分以下に設定されている事もあるので、その分だけ得になります。
但し、普通運賃以外は便の変更は一部の割引を除いて出来ない規則になってます。

格安と言われるサイトは2種類あって普通運賃のみ対応していて普通運賃より1万から2万円ぐらい安くチケット販売をしています。
この割引には株式優待券を利用して予約しているので、正確には最安値のチケットではありません

このサイトでは手数料を支払うと便の変更が可能です。手数料は飛行機会社が決めた額です。サイト上はANAが運行会社となっていても、使用する飛行機会社が違う事もあるので手数料が異なってます。もう1つは航空会社の代理店の役目があり、特割のチケットも購入ができます。

次に大都市の金券ショップでもチケット購入の代理購入をして頂けます。こちらも普通運賃を割り引いた物の予約となります。
予約に関しての事務手数料が販売額に加算されている場合があります。ご自身でパソコンで値段の検索するのなら、サイト購入の2番目のやり方になります。

発券まで自分でするので支払期限にはお気をつけください。急に飛行機に乗ることになった場合は特割のチケットは終了していると思います。ご自身で予約するのも面倒なので、一応はサイトで運賃を確認されて普通運賃しかない場合は金券ショップに頼んでも大丈夫です。

航空券の場合はどのサイトも値段は同額ですから1つのサイトだけインターネットのお気に入りに登録しておけば十分です。

飛行機の場合、鉄道と違って搭乗する方しか航空券が発券できないので金券ショップに出回る事はないです。チケットを検索するには多少のパソコンの腕は必要になりますが、1回順序を覚えれば簡単に使うことが出来ます。

あとは自分で購入するかサイトかショップに依頼するかの違いだけになります。サイトを利用して購入する場合は仕事の速い所を利用するようにすれば安心です。調べる時にトップに掲載されるサイトに最初は伺うと良いです。

Read Article →
航空券の値段の検索はどうやってする?

航空券の値段の検索はどうやってする?

航空券の値段の検索は、インターネットで簡単におこなえます。インターネットで各社が設けている検索ページを開き、航空券、最安値、といった語句を入力します。

するとそうしたことを扱っているサイトがいくつも表示されます。そのうちのいくつかをクリックして、それらサイトのウェブページを開きます。その中から見やすく、使いやすそうなサイトを選んで詳しく見ていきます。たいてい、トップページは、搭乗希望日と出発空港、到着空港を入力する仕様になっています。

そこに自分の希望する搭乗日と路線を入力します。すると、その日の最安値を先頭にして、数多くの航空運賃が示されます。その路線に格安航空会社が就航している場合、たいていその会社が最安値となります。

大手航空会社だけが就航している路線だと、値段はあまり変わらず、一律であることが多いです。
それでも早めに予約すると割引きとなるプランなどがサイトで紹介されていますから、そうしたものも参考にできます。最安値として各サイトに出る値段というのは、早期予約プランを利用せず、その時点で予約し、購入する場合の航空運賃です。大手も含めた各航空会社では、75日前や28日前といった日数で区切り、早く予約すればするほど割引き率を高くするプランを設定しています。

大手航空会社であっても、75日前に予約すると、航空運賃がおよそ84%も割引かれるケースもあるため、どういう購入方法が最もお得かというのは、ケースバイケースです。航空運賃の検索をどうやってするかがわかったら、次は各航空会社の早期割引プランを詳しく見ていったほうがいいでしょう。

航空運賃を調べている状況というのは、搭乗日を自由に決められるケースが多いと言えるでしょう。
搭乗日があらかじめ決まっていて、しかも差し迫っている場合は、座席の確保が最優先となります。

探して迷っている間に、満席となるかもしれません。まずは座席の確保となりますが、正規料金で予約した場合は、便の変更はいくらでもできます。

しかし、割引きされたチケットだと、便の変更はできません。いったんキャンセルして払い戻し、新たに予約をとりなおし、チケットも買いなおすことになります。割引きチケットの場合は、かなり早くからキャンセル料がかかります。55日前からかかる会社もあります。

格安のチケットを利用できるのは、かなり前もってスケジュールが確定している場合か、格安チケットの日時に合わせて動ける場合となるでしょう。

Read Article →
航空券の値段の検索方法

航空券の値段の検索方法

実家への帰省や旅行などで航空機を利用するときは、少しでも値段の安い航空券を見つけたいでしょう。同じエリアを発着する航空会社が複数あったとしても値段はそれぞれの会社によって異なります。また同じ会社でも搭乗日や時間で変わりますから、一番安い航空券を見つけるためにはこまめに確認することをおすすめします。

お得な料金で購入できるLCCでも空席の数が少なくなると高くなっていくので早めに予約した方がいいでしょう。
今現在の料金を効率よく検索する方法としては、発着するエリアで利用できるLCCの航空会社をあらかじめピックアップしておきます。

パソコンやスマートフォンに登録していつでも検索できるようにしておけば、安く購入できる可能性が高くなります。

LCCは元々料金設定が安くて利用しやすいですが、セールが開催されるとさらに安い料金で購入することができるので、お得な情報は見逃さないように気を付けましょう。

LCCのホームページから値段を検索する方法は、初めに出発地と到着地を選択してから搭乗したい日を選びます。

次に進むとフライトの便名と空席状況、プランごとの料金が表示されるので、利用したいフライトを選んで予約の手続きに入ります。最も安い料金のプランを選ぶと旅費の節約ができますが、サービスの内容はプランによって違っているため慎重に選ぶことが大切です。

最も安いプランの場合は荷物を預ける際の料金や重さが違いますし、座席を指定する際に別料金が発生することもあります。またフライトの変更やキャンセルの扱いにも違いがあり、キャンセルが不可の場合は都合が悪くなって搭乗できなくても返金がありませんから注意が必要です。

予約したフライトの料金を支払う際は、クレジットカードを使って決済するかコンビニに行って決済するかのどちらかを選択します。

クレジットカードを利用したいときはカードに記載されている番号を入力する項目があるので、あらかじめ手元に用意しておくと便利です。

コンビニ決済を選んだ場合は設定されている期限内に近くのコンビニまで行って支払わなければなりませんが、期限までの時間は決して多くはありませんから当日か翌日は都合が悪くてコンビニまで行けないときや現金が用意できないなどの事情がある場合はクレジットカード決済を選ぶか改めて予約を入れなおすようにしましょう。

予約したフライトを確認したいときやチェックインを済ませたいときは、航空会社のホームページを利用するとスムーズです。

Read Article →
航空券の値段を得する検索方法

航空券の値段を得する検索方法

航空券を購入する前には、インターネットで最安値などを検索しておいたほうが何かと得することになります。
自分の搭乗する路線の値段の相場が、かなりつかめてくるからです。

初めて利用する路線で、しかも搭乗日が差し迫っている場合は、インターネット検索で最安値や相場がわかったとしても、結局は座席確保が最優先となりますから、比較検討している余裕はないことでしょう。

しかし、それ以降に搭乗するとき、特にかなり前もって搭乗日時がわかる場合や、格安航空券が出ている便に自分の予定を合わせて搭乗できる場合は、お得に利用できます。

格安航空運賃には、搭乗日間際になって激安になるものと、予約するのが早ければ早いほど大きく割引かれるものがあります。

搭乗日間際に大量に残っている航空券も、相当安くなることがありますが、閑散期の便を75日前などに予約する場合なども、割引き率はかなりなものとなります。およそ84%も割引かれることがあります。これは大手航空会社が設定している早期割引きプランとなります。

大手航空会社であっても、割引いて84%の値段になるということでなく、84%引きということになるわけですから、破格の安さと言えます。正規料金の16%の値段で搭乗できることになります。ただし75日前に予約し、便変更はできず、55日前からはキャンセル料がかかります。

JRの新幹線指定席は、キャンセル料がかかるのは前日からですから、かなり厳しい条件と言えます。

しかし、予約した日に必ず乗れるようにスケジュール調整をし、体調を整えておけば、75日前の予約通りに動くことは十分可能でしょう。それで正規料金の16%の運賃で搭乗できるなら、と人気になるのも道理です。

搭乗日間際に大幅値引きとなるチケットを入手するには、頻繁にインターネットでチェックするのが大事です。24時間、リアルタイムで情報は更新されることが多く、見つけた者勝ち、早い者勝ちの面があります。

比較サイトの中には、会員登録すると、破格の運賃の限定情報を、メールマガジン形式で知らせてくれるところもあります。

偶然、自分が乗ろうとしている路線で、そうした格安チケットが出たという情報がそれで得られたとしたら、たいへん有益なこととなります。間際の激安チケットは、時間を自由に使える人向けとも言えます。旅行できる日が限定されている場合は、早期予約割引きプランを利用するほうがいいかもしれません。”

Read Article →
検索方法で航空券の値段は変わる!

検索方法で航空券の値段は変わる!

検索方法で、航空券の値段が変わるのは事実です。航空券の値段は昔と違い、一律なものではなくなってきています。正規料金は当然今もありますが、ほとんどの人は何らかの割引きがなされた航空券を利用します。

検索する場合、最安値情報だけに絞ると、その時点で予約し、購入する場合の最安値情報が出ます。ただ、視点を変えて、各航空会社が設定している割引きプランを見てみると、そちらを利用したほうが安いという場合もあります。

一社しか就航していないような路線だと、最安値として表示されるのが正規料金であることもあります。
しかし、そこで検索を止め、諦めるのは時期尚早です。航空会社独自の割引きプランを調べていくと、間際の予約であっても、割引きがあるケースもあります。

電話で予約する場合、割引きプランを案内することはありませんから、あらかじめHPなどを詳しく見て、割引きプランについて知っておく必要があります。そうすれば、正規料金で購入せずに済むこともあります。

航空運賃を調べるときには、ディスカウントチケットを探すのと同時に、継続しておこなっている割引きプランについても見ておく必要があるということになります。

その両面から探して初めて、自分の需要に合う、最もお得なチケットが入手できるようになるわけです。

どういう理由で飛行機を使うか、というのも影響してきます。
正規料金のチケットでないと、予約変更は原則としてできませんから、臨機応変にできるほうがいい場面では、正規料金で購入するのもやむを得ないでしょう。

しかし、飛行機の予約を最優先にして動ける場合は、割引きプランを使ったほうが断然お得です。
ディスカウントチケットなら、破格の値段となっていますから、旅行費用が大幅に節約できます。

ディスカウントチケットというのは、チケットショップなどが買い切って、売れずに残っている場合に大幅値引きされたものも含んでいます。

店舗での店頭販売を中心としているチケットショップなら、情報をインターネットに載せないケースもあるので、その場合は、自分の足で探すことになります。
最寄りのチケットショップだけでなく、自分の行動範囲にあるチケットショップは時間があれば見て回ってもいいでしょう。

掘り出し物に出会える可能性もあります。インターネットと違い、競争相手も少ないので、すぐ売り切れずに残っているかもしれません。”

Read Article →