ANA国内線人気路線第4「東京⇔那覇」

ANA国内線人気路線第4「東京⇔那覇」

沖縄旅行は修学旅行地としても人気となっています。沖縄は南国気分を味わえるエリアであり、ぜひ行ってみたい場所でもあります。ANAが2014年に実施した国内線人気路線の調査では第4位に選ばれています。沖縄はフライト数も多く、LCCの参入も増えつつあります。

沖縄人気は国内だけにとどまらず、海外でも人気です。ピーク時は特に予約が殺到するので飛行機についても早めに予約しておくといいでしょう。LCCであれば早めの予約でさらに安いチケットがあるかもしれません。
沖縄は数多くの観光スポットがあります。

その中の1つが「首里城」です。首里城は首里公園の中にあります。最近は若い女性の姿も増えています。その理由はここがパワースポットになっており、運気をあげることでも有名だからです。最近あまりついていないといった人はここを訪れてみるのも良いでしょう。

那覇市にあるので場所的にも行きやすいスポットかと思います。首里城は琉球王国時代の建物です。琉球王国時代国王が居住する王宮でした。現在の建物は復元されたものです。1980年代、琉球大学の移転で復元が行われました。また2000年に世界遺産登録もされました。連日多くの観光客でにぎわっています。
「守礼門」についても訪れてみたいスポットの1つです。ここは2000円札でもおなじみの門です。2000円札で採用された守礼門がこことなります。その他札幌にある時計台と高知にあるはりまや橋も有名です。

ここがいつ建設されたのか?というと尚清王の時代となっています。西暦で言うと1527年から1555年にあたります。門には「守礼之邦」の額があります。どういった意味か?というと簡単にいうと沖縄は礼儀を大事にする国という意味があります。また1972年には国の重要文化財に指定されています。昼の眺めも良いですが、夜間もライトアップがされおり、とても綺麗です。昼とはぜんぜん違う雰囲気を味わうことができるので、夜も時間があれば訪れてみるといいでしょう。

「園比屋武御嶽石門」についても行ってみたいスポットの1つです。ここは首里城歓会門隣、守礼門隣(つまり間)に位置しています。1519年に尚真によって建設されました。この当時は琉球王国の時代であり、当時の国のTOPの王がしゅりじょうを出て各ばしょをまわるのに安全祈願した場所だと言われています。
さあ早速沖縄行きの飛行機を予約しましょう!